■2016.9.2

琉球漆器こぼれ話② 金城聡子/浦添市美術館学芸員

  • いいね 238
  • 琉球漆器こぼれ話② 金城聡子/浦添市美術館学芸員の写真1

琉球王府御用達の漆器を整える「貝摺奉行所(かいずりぶぎょうしょ)」、
風変わりな名前ですよね。

琉球近海で捕れる夜光貝など貝類は食用以外に
漆器の螺鈿(らでん)技法に使用されました。
琉球漆器を代表する技法です。
ところで、
貝摺奉行所は実にお役所的で「どの漆器を幾つ作り、
材料はどれほど必要か」といった制作管理を行う部署でした。
奉行のほかに事務方の筆者、技術系の貝摺師、デザイナーの
絵師(えし)、素地担当、古くは磨物(みがきもの)、
御櫛作(おぐしつくり)・三線打(さんしんうち)がおり、
その場所は首里城を下った沖縄県立芸術大学付近と
考えられています。

史料に登場する貝摺奉行は1612年(薩摩侵攻3年後)の
首里系士族(琉球国の身分制度は士族か農民)毛氏保栄茂親
雲上盛良(もううじびんペーチンせいりょう)が最初です。
また、華僑(かきょう)村久米村士族の国吉は1636年に
中国福建省へ渡り3年滞在して螺鈿技法を習得し貝摺師へ。
23年後に今度は染織を学びます。
このほか朱塗や黒赤(くろあか)梨地(なしじ)、金銀箔の製造、
煮貝(にがい)や堆錦(ついきん)の方法など漆芸の技法を中国で学ぶ
パイオニア達がいました。

1609年の薩摩侵攻の際は10日間にわたり薩摩軍は
首里城から大量の宝物を持ち出したといいます。
琉球文化の再構築はこの時から始まったようです。
それにしても「唐旅」は生死をかけた旅でした。
国に貢献する志と将来への希望を抱き、
異国で奮闘する士族らの姿が目に浮かぶようです。

 

 

写真

貝摺奉行所跡から採取された夜光貝(浦添市美術館所蔵)

沖縄の漆Webマガジン │ おきなわ漆Web

TOP