■2016.12.22

後間義雄 展 〜堆錦・沈金・螺鈿 技から表現の世界へ〜

  • いいね 353
  • 後間義雄 展 〜堆錦・沈金・螺鈿 技から表現の世界へ〜の写真1

後間義雄(コシマ ヨシオ)展
〜堆錦・沈金・螺鈿 技から表現の世界へ〜

 

HP用後間義雄展①_omote+のコヒ〓ー

 

HP用後間義雄展②_ura+のコヒ〓ー

浦添市美術館では2012年度から漆芸家シリーズ展を開催していますが、

今年で5回目となります。今回は伝統工芸士の後間義雄氏とその作品

20点余りを紹介します。

後間義雄氏はは中学校を卒業して漆器の老舗「紅房」に入社し、漆

芸の道に入りました。進路にはすでに紅房の螺鈿職人であった叔父の

長嶺眞清氏の存在が大きかったといいます。入社してから10年間、堆

錦技法一筋。その後、琉球うるし工芸社に移籍し、さらに40年間職人

として勤めました。堆錦にくわえて沈金と螺鈿に挑み、県内の公募展

で作品の出品と受賞を重ねます。伝統的な文様には重厚感を感じなが

らも飽くなき追及を続ける一方、カラフルな堆錦の玉を連ねた玉文シ

リーズ、沖縄の自然を写し取った作品を多く手がけます。確かな技に

裏打ちされた創作の世界をぜひ、ご覧ください。

 

後間義雄ギャラリートーク

1月29日(日)・2月4日(土)11:00〜12:00

 

 

特別記念講演会

「螺鈿の魅力」講師/高橋隆博(元関西大学教授)

2017年1月22日(日)14:00より

会場/美術館講堂 入場無料 申込不要

 

展覧会(常設展示室内)

「きらめきで飾る〜螺鈿の美をあつめて〜」

2017年1月14日(土)〜2月19日(日)

観覧料/一般800円(600円)・大学600円(400円)

・高校生以下を無料 ※( )20人以上団体料金

 

国際シンポジウム

「漆の国際シンポジウム アジアに広がる螺鈿の文化と歴史」

2017年2月5日(日) 浦添市てだこホール(小ホール)

開場/12:30  シンポジウム  13:00〜17:30  申込不要  定員300名

 

 

 

P1090206

今月行われた「漆器まつり」でお会いした後間義雄さんは、

とっても穏やかな方でした。

堆錦だけでなく、沈金、螺鈿とオールマイティーで高い技術を

お持ちになるなんて、すごいです!

紅房、琉球うるし工芸社と漆人生40年のお話を、近々お聞かせ願い

たいと思っています。

 

(NPO法人アートリンク 宮島さおり)

 

 

 

平成29年1月24日(火)〜2月5日(日)
浦添美術館 9:30〜17:00(入場は16:30)
      但し、金曜日は19:00まで(入場は18:30)
      休館日/毎週月曜日 入場無料
お問合せ:Tel098-879-3219 
主催:浦添市美術館

沖縄の漆Webマガジン │ おきなわ漆Web

TOP