王国から現代、琉球からアジアへ/浦添市美術館第ギャラリートーク

  • いいね 133
  • 王国から現代、琉球からアジアへ/浦添市美術館第ギャラリートークの写真1
  • 王国から現代、琉球からアジアへ/浦添市美術館第ギャラリートークの写真2
  • 王国から現代、琉球からアジアへ/浦添市美術館第ギャラリートークの写真3
  • 王国から現代、琉球からアジアへ/浦添市美術館第ギャラリートークの写真4
  • 王国から現代、琉球からアジアへ/浦添市美術館第ギャラリートークの写真5

平成28年4月29日から始まっている常設展「漆器トラベル!」。
毎週日曜日に行なわれているギャラリートークに
お邪魔しました。
まずは、琉球王朝時代の那覇の風景から入ります。
ワクワク感高まる〜♫
解説は学芸員の岡本亜紀さん。もの静かな中にも
「この面白さを伝えたい」という情熱が伝わってきます。
この日のギャラリーは南城市にお住いの母娘。
中学生の娘さんは、夏休みの自由研究にするらしく
熱心に聞いてメモを取っていました。
第1、2室では、琉球王朝時代から近現代までトラベル!
琉球王朝時代の中国風の模様に、やはり中国世だったのね〜と
納得し、戦後のアメリカ人向けの用途不明な鳥居に笑い、
今はなき工房紅房の斬新なデザインに感心することしきり。
第3、4室では、琉球から中国、ミャンマー、
ベトナムなどのアジアや模様でトラベル!
アジア各国の特徴ある模様だったり、
共通する動物の模様だったりと、解説を聞くと
さらに面白い漆器の数々を堪能しました。
気がつけば、世界旅行とタイムトラベルを同時にした
気分になります。そして宿題完了というお土産付き。
なんとお得なギャラリートーク!

第1期常設展「漆器トラベル!」
平成28年4月29日〜平成28年9月4日
ギャラリートークは毎週日曜日14時から1時間程度
観覧料200円(小中高生無料)
http://museum.city.urasoe.lg.jp/docs/2016042300013/

沖縄の漆Webマガジン │ おきなわ漆Web

TOP