沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日まで

  • いいね 258
  • 沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日までの写真1
  • 沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日までの写真2
  • 沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日までの写真3
  • 沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日までの写真4
  • 沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日までの写真5
  • 沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日までの写真6
  • 沖縄の漆器 − 角萬漆器と木漆工とけし – 11月29日までの写真7

祭祀を重んじる沖縄においては、古来より晴れの日の器として

漆器の文化が受け継がれてきました。

琉球王国であった沖縄の地で育まれ、独特の歴史を紡いできた

琉球漆器の伝統を、創業から120年以上その技巧を守って

現在に伝えている「角萬漆器」。そして、日々の暮らしを

慈しむ器として、漆器を見つめる「木漆工とけし」。

長く大切に使いたい、「角萬漆器」と「木漆工とけし」の

漆器をご紹介します。

 

D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD

D&Dハガキ

(絵:皆川明)

 

各メディアでも取り上げられていた

D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARDの企画展

NIPPON VISION MARKET「沖縄の漆器」ー角萬漆器と木漆工とけしーが

いよいよ29日までとなりました。

 

今回「角萬漆器」は

minä perhonenデザイナー 皆川明氏と共同で開発した

D&DEPARTMENT OKINAWAオリジナル漆器を。
「木漆工とけし」からは新たな試みとして加飾を
琉球張り⼦作家豊永盛⼈⽒に、
重箱の吾妻袋の制作を虹色草木染 kittaへ依頼。

 

沖縄の漆器界を担う2人の雄による企画展、

ぜひお見逃しなく。

 

IMG_0253

角萬漆器 三段重箱 光雨

 

 

IMG_0257

 

 

IMG_0251

木漆工とけし

 

日時:平成28年10月20日〜11月29日
   11:00 - 19:30(水曜定休)
場所:D&DEPARTMENT OKINAWA
   by OKINAWA STANDARD
   宜野湾市新城2-39-8 2F

沖縄の漆Webマガジン │ おきなわ漆Web

TOP